FF14の始め方。どのソフトを買えばいい?始め方の疑問をざっくり解説!

FF14のはじめ方

わたし自身、FINAL FANTASY XIV(以下FF14)をプレイしはじめて、4年目の光の戦士です。

最近では、「光のお父さん」などFF14に関連した映画が公開されたり、大々的にCMを打ち出したりと、以前にも増して賑わっているMMORPGになってきました。

そこで、FF14に興味がある、FF14をやってみようと思っている方向にけて、FF14についての基礎知識などを解説していきます。

MMOが初めて、オンラインゲーム自体初めてという方向けの記事になっていますので、参考にしてみてくださいね!

スポンサー リンク

FF14の始め方

FF14はオンラインゲームとなっているため、インターネット環境ハードウェアが必要です。

ハードウェアは以下のいずれかが必要です。

PlayStation4
Windows(PC)
Macintosh(PC)

FF14は、PS4とPCのマルチプレイが可能になっているゲームです。
たとえば、友人AがPC、自分自身がPS4だとしても、ゲームの内容が変わることなく同じように、かつ、一緒に遊ぶことができます。

差があるとすれば、描画速度や解像度といったグラフィックと、ロード時間くらいです。
グラフィックもロード時間も、PCのほうが快適に動きます。

PCでプレイする場合、通常のPCでFF14のソフトを動かすとカクついたり、グラフィックの表示が悪くなったりという場合があります。
ゲームを動かすだけのスペックを求められるため、まずは公式で配布しているベンチマークを動かしてみてください。

> 漆黒のヴィランズ ベンチマーク – ファイナルファンタジーXIV

Windows版、Mac版があります。
こちらがスムーズに動けば問題ないスペックです。

わたしが使っているPCは、ゲーム用にカスタマイズされたゲーミングPCです。

ただし、ゲーミングPCは本体料金も高く、メンテナンスにも手間が掛かります。
そのため、初期費用を抑えて遊びたい場合は、PS4でのプレイがおすすめです。

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥42,391 (2019/10/23 10:39:54時点 Amazon調べ-詳細)

ロード時間や画質の差はありますが、ゲームの内容はどれでも変わりなく遊べるので、好きなものを選ぶといいですよ!

ソフトが色々あるんだけど、どれを買えばいいの?

2019年8月現在、FF14では以下の4つのパッケージが販売されています。

2.x:新生のエオルゼア
3.x:蒼天のイシュガルド
4.x:紅蓮のリベレーター
5.x:漆黒のヴィランズ

左側の数字はパッチナンバーです。

パッチとは?
ゲームのソフトウェアをバージョンアップするためにあてられる追加モジュール

公式で定期的に公開されているパッチノートにも、このパッチナンバーが表記されているので、参考にしてください。
>> 公式パッチノート一覧はこちら

パッチノートとは?
追加された内容や修正などをまとめて、公開している記事。
それをパッチノートと呼んでいる。
パッチで追加された内容や修正が記載されているため、最新版のパッチノートをチェックしよう。
公式ツイッターはこちら:FFXIV_NEWS_JP

FF14には、パッケージ版ダウンロード版の2種類があります。
どちらでも内容に変わりはありません。

2019年8月現在で、これから始める方は、新生編から漆黒編まで全てが詰まったコンプリートパックを購入しましょう。

Windows/ダウンロード版

Windows/パッケージ版

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥4,858 (2019/10/23 10:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

PS4/パッケージ版

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥5,160 (2019/10/23 13:42:53時点 Amazon調べ-詳細)

※PS4のダウンロード版はPSストアで購入可能

お試しでプレイしてみたい方は、フリートライアルがあります。

手持ちのPCやPS4でプレイしようと思っている場合、動作確認にもなりますので、まずはフリートライアルを入れてみてください。

フリートライアルから製品版に移る場合、セーブデータはそのまま引き継げますので問題ありません!

FF14の料金プランは?月額課金制?ガチャ要素ってある?

FF14は月額課金制になっています。
大型パッチごとにソフト代も発生します。
初回のみ、ダウンロード版を含めたソフトに、1ヶ月分のプレイ料金が含まれています。

月額課金の料金体系は2種類。

エントリーコース
税込1,382円/30日
1ワールドにつき1キャラクター作成可能
全ワールド最大8キャラまで
スタンダードコース
税込1,598円/30日、税込4,471円/90日
1ワールドにつき8キャラクター作成可能
全ワールドで40キャラまで

コースはいつでも変更することができます。
他にもレガシーコースがありますが、これから始める方は利用できません。

PS4の場合、PlayStationPlusに加入する必要はありません
FF14の月額のみでプレイできます。

その他、課金服やリテイナー枠を追加するときなどに課金が発生しますが、課金部分のガチャ要素はまったくありません。

課金服などについては、アカウント作成後に利用できるモグステーションで確認できます。

モグステ画面

リテイナーの追加方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

ソフトを買ったら

ハードウェアとソフトを買ったら、あとは手順に従って登録などを済ませていきます。
手順はランチャーに従って進めていけば良いため、迷うことはありません。
進めていくなかで、スクウェアエニックスアカウントを登録することになります。

そこから契約状況やアカウントの登録内容などが確認できるようになるため、パスワード等をしっかり控えておきましょう。

登録が済んだら、上記で紹介したFF14専用Webサイトのモグステーションが利用できるようになります。

サーバーって何?どこで始めたらいいの?

ゲームを開始するときに、キャラクター作成時に選ぶことになるのがサーバーです。

日本から快適にプレイできるデータセンターは3つ。
サーバーは、32サーバーあります。

データセンター

どのサーバーでも変わりなく遊べますが、レベリングに有利になる優遇サーバーが指定されている場合、そちらで開始すると特典などがあるため、優遇サーバーで開始するのがおすすめです。

優遇サーバーについては以下の記事をご確認ください。

こちらのページでワールド稼働状況を確認できます。
>>ワールド稼働状況|FINAL FANTASY XIV

それとは逆に混雑ワールドも存在します。
こちらに指定されているサーバーは過密状態であるため、新しくキャラクターが作れません。

FF14のサーバーについて

FF14には、ワールド間テレポというものが実装されています。
これは、同じデータセンターであれば、サーバーを移動することができるサービスです。

自身が属しているサーバーをホームワールドと呼びます。
ただし、あくまでもサーバー間でのテレポであり、ホームワールドでしかできないこともあります。

・他サーバーのFCの所属
・通常LSへのチャット
・未知や伝説の採取
・カンパニーアクションのバフ(テレポ割等)
・リテイナーの呼び出し

サーバー間テレポの実装により、他サーバーの友人と遊ぶことも可能になりました。
また、マーケットでの取引もできるため、素材や装備など安いところを求めてマーケット巡りをすることもできます。

友人がいて一緒に遊びたい!でも優遇サーバーで始めたい!という場合は、データセンターさえ同じにしておけば遊べます。
ただし、マナDCは混雑サーバーが多いため、優遇サーバーに指定されることが少ない点は注意が必要です。

ちなみに、ホームワールドを変える場合は、サーバー移転費用(1,800円税抜)が掛かります。

FF14を始めよう!

エオルゼアで待ってるよ!

ハードウェアを準備し、ソフトを購入したら、アカウントとキャラクターを作成し、サーバーを決める。
それを乗り越えたら、楽しいFF14の世界で思う存分遊ぶことができます。

FF14は、バトルだけではなく、素材を集めるギャザラー、装備や家具、様々なものを作成できるクラフターなどのジョブもあります。

また、個人ハウスやFCハウスを購入し、そこの内装をいじって遊べたり、ユーザーイベントが多く開催されていたり、個人でカフェやバーを運営したりといった、ゲーム攻略だけではない楽しみ方をしているプレイヤーも多く存在しています。

さらにはグループポーズという写真機能もとても優秀で、美しい風景やかわいいキャラクターをスクリーンショットにおさめて、ツイッターやインスタグラムで発表しているプレイヤーもいます。

多くのプレイヤーがいるからこそ、賑わっているFF14。
「今」だから楽しめることがたくさんあるんだろうなって思っています。

いろんな楽しみができるFF14の世界で、待っていますね♪

Windows/ダウンロード版

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサー リンク