menu

FF14の始め方。ソフトの選び方や料金プラン、無料で遊べるフリートライアルまで徹底解説!

FF14のはじめ方

わたし自身、2016年にFINAL FANTASY XIV(以下FF14)のプレイを開始し、現在(2022年9月)に至ります。

最近ではFF14を配信するストリーマーの増加や、漆黒編からのストーリーの良さが話題になり、一層賑わっているMMORPGになってきました。

サービス開始から10年経過しているにも関わらず、データセンターやプレイサーバーの増設が行われているほど。

そこで、FF14に興味がある方や、やってみたい!と思っている方向けに、FF14の始め方と基礎知識を解説していきます。

MMOが初めて、オンラインゲーム自体初めてという方向けの記事になっていますので参考にしてみてくださいね!

目次

FF14の始め方

FF14はオンラインゲームなので、インターネット環境とプレイするためのハードウェアが必要です。
始めるときには、以下のものが必要になります。

ハードウェアPlayStation4もしくは5
Windows(PC)
Macintosh(PC)
ソフト※スターターパック
コンプリートパック
各種拡張パック
アカウントPSNアカウント(プレステの場合)
スクウェアエニックスアカウント

ソフトはいくつか種類があります。
少々わかりづらいため、のちほど詳しく解説します。

プレステとPCのクロスプレイが可能

FF14は、プレイステーションとPCのクロスプレイが可能になっているゲームです。
たとえば、友人AがPC、自分自身がプレステだとしてもゲームの内容が変わることなく一緒に遊ぶことができます。

差があるとすれば、描画速度や解像度といったグラフィックとロード時間くらいです。
プレステ5とPCの場合は、PCスペックによってはプレステ5のほうが性能が上になる場合もあるかもしれません。

PS4ProHDDとPS5の速度については、比較動画を作っていますので参考にしてみてください。

PC版はベンチマークで動作確認が可能

プレステで始める場合は、この項目は飛ばしてください。

PCでプレイする場合、ゲームを動かすだけのスペックを求められます。
まずは公式で配布しているベンチマークをインストールして動かしてみてください。

ベンチマーク – ファイナルファンタジーXIV

Windows版、Mac版があります。
こちらがスムーズに動けば問題ないスペックです。

暁月版のベンチマークでは、FF14のキャラクターメイクを全種族試すことが可能になっています。
フリートライアルの場合は、アウラ族、ヴィエラ族、ロスガル族のキャラメイクができません。

ただし、ゲーミングPCは本体料金も高く、メンテナンスにも手間が掛かります。
初期費用を抑えて遊びたい場合はプレステでのプレイがおすすめです。

先にも述べましたが、PCでもプレステでもゲームの内容はどれでも変わりなく遊べます。

FF14のソフトの選び方

FF14のパッチはすでに6.2までリリースされており、それぞれに以下のような名称になっています。

2.x:新生エオルゼア
3.x:蒼天のイシュガルド
4.x:紅蓮のリベレーター
5.x:漆黒のヴィランズ
6.x:暁月のフィナーレ

パッチとは?
ゲームのソフトウェアをバージョンアップするためにあてられる追加モジュール

そして、2022年9月現在、FF14では以下のパッケージが販売中です。

スターターパック
コンプリートパック
最新拡張パッケージ「暁月のフィナーレ」

パッケージの内容は以下のようになっているため、すべてを遊ぶためにはコンプリートパックの購入が最適です。

パッチフリートライアル
0円
スターターパック
定価2,420円
コンプリートパック
定価6,380円
最新パッケージ
定価4,620円
新生エオルゼア
蒼天のイシュガルド
紅蓮のリベレーター××
漆黒のヴィランズ××
暁月のフィナーレ××

スターターパックを買ってしまうと、紅蓮以降のパッケージをそれぞれ単品で購入する必要が出てくるので買わないように注意してください。

プレステの場合はプレイステーションストアから購入できます。

PS4/PS5版(移動先ページ下部にあります。)
FINAL FANTASY XIV PS4/PS5版

PC版はスクエニオンラインストアで購入可能です。
また、Win版はアマゾンでも購入可能です。

PC版はこちら(スクエニe-Store)
Win版/ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック[新生エオルゼア~暁月のフィナーレ]
Mac版/ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック[新生エオルゼア~暁月のフィナーレ]

ピンクの線で囲ったものがFF14のコンプリートパックです。

Win版はAmazonでも販売中
ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック【新生エオルゼア~暁月のフィナーレ】【Amazon.co.jp限定】

FF14を無料で遊ぶには

お試しでプレイしてみたい方は無料で遊べるフリートライアルがおすすめです。
2022年9月現在、パッチ3.xの「蒼天のイシュガルド(Lv60)」まで無料で遊ぶことができます。

ですので、どちらにしても蒼天編が終わるまではフリートライアルで遊ぶと月額料金が節約できてお得です。

手持ちのPCやプレステでプレイしようと思っている場合、動作確認のためにまずはフリートライアルを入れてみてくださいね!

フリートライアルから製品版に移る場合、セーブデータはそのまま引き継げますので問題ありません。

ただ、マーケットボードが利用できない、コミュニティに所属できない、遊べないコンテンツがある等、複数の制限もありますので上記で紹介した記事を参考にしてみてくださいね。

FF14の料金プラン

ここからは、FF14の料金プランを詳しく紹介します。

FF14は月額課金制です。
また、X.0の大型拡張ではパッケージ代も発生します。

始めてプレイする場合、ダウンロード版を含めたパッケージには1ヶ月分の月額料金が含まれていますので、月額料金はダウンロードした翌月から発生します。

月額課金の料金体系は3種類。

コース名料金支払い方法作成キャラクター数
エントリー税込1,408円クレジットカード
Crysta
1ワールドにつき1キャラ
全部で8キャラクターまで
スタンダート30日税込1,628円クレジットカード
Crysta
ゲームカード
1ワールドにつき8キャラ
全ワールドで40キャラまで
スタンダート90日税込4,554円クレジットカード
Crysta
ゲームカード
1ワールドにつき8キャラ
全ワールドで40キャラまで

ゲームカードはコンビニで購入可能です。
Crystaはスクエニ用の専用Webマネーです。
また、コースや支払い方法はいつでも変更できます。

プレステの場合、PlayStationPlusへの加入は不要なので、FF14以外の月額料金は掛かりません。

レガシーコースがありますが、これから始める方は利用できません。

月額以外の課金部分は?ガチャ要素ってあるの?

FF14にも課金で購入できる以下のアイテム類があります。

レベリングブーストアイテム
メインストーリーコンプリートアイテム
おしゃれ用装備品
移動用アイテム(マウント)
ミニオン(連れて歩ける)
ハウジングアイテム
過去のシーズナルイベントのアイテム
見た目を変更するアイテム
装備品等を染色するアイテム
エモート
エターナルバンド用アイテム

その他、サーバー移転、キャラ名変更、倉庫用キャラクターのリテイナー枠を追加するときなどに課金が発生しますが、課金部分のガチャ要素はまったくありません

上記で紹介した課金アイテムは、アカウント作成後に利用できる「FFXIVオンラインストア」で確認・購入できます。

アイテム保有数が拡張できる「リテイナー」の追加方法については、こちらの記事を参考にしてみてください。

スクウェアエニックスアカウントに登録する

ハードウェアとソフトを買ったら、あとは手順に従って登録などを済ませていきます。

手順はインストールしたあとに出る「ランチャー」に従って進めていきましょう。
あまり迷うことはありません。
進めていくなかで、スクウェアエニックスアカウントを登録することになります。

スクエニアカウントから、契約状況や登録内容などの確認ができるようになるため、パスワード等をしっかり控えておきましょう。

登録が済んだら、上記で紹介したFF14専用Webサイトのモグステーションが利用できるようになります。

フリートライアルでもスクエニアカウントは必要なので持ってない場合は新規で登録します。
すでにフリートライアルをプレイしている場合は、対象のプレイ権がついたダウンロードパッケージを購入し、送られてくるレジストレーションコードを入力します。

FF14を開始する前に知っておきたいこと

ここからはFF14を購入後、開始する前に知っておくと便利なことを紹介していきます。

サーバーはどこで始めたらいいの?

ゲームを開始するときに、キャラクター作成時に選ぶことになるのがサーバーです。

日本から快適にプレイできるデータセンターは4つ。
サーバーは、32サーバーあります。

どのサーバーでも変わりなく遊べますが、レベリングが有利になる優遇サーバーが指定されている場合、そちらで開始すると特典などがあるので、優遇サーバーで開始するのがおすすめです。

優遇サーバーについては以下の記事をご確認ください。

こちらのページでワールド稼働状況を確認できます。

ワールド稼働状況|FINAL FANTASY XIV

それとは逆に混雑ワールドも存在します。
こちらに指定されているサーバーは過密状態であるため、新しくキャラクターが作れません。

また、優遇ワールドも夜の人が多い時間帯は新規キャラクター作成の制限がかかっている場合があります。
その場合はキャラクター制限がかかっていない時間帯で作成しましょう。(主に朝昼、深夜。)

DCテレポ・ワールド間テレポ

FF14には、データセンター間を移動できる「DCテレポ」と、同一データセンター内のサーバー間で移動できる「ワールド間テレポ」というものが実装されています。
これは、データセンターやサーバーを自由に行き来できるサービスです。

そのため、データセンターやワールド(サーバー)が違うフレンドがいたとしても、垣根を超えて遊ぶことができます。

ただし、あくまでもサーバー間での「テレポ」なので、自身が属しているホームワールドでしかできないこともあります。

以下の項目は、ホームワールドのみ可能です。

フリーカンパニー(通称FC/ギルドやクランにあたるもの)の所属
サーバー内のみ使えるチャット機能へのチャット
特殊な製作用素材の採取
カンパニーアクションの優遇や恩恵(テレポ割引等)
アイテム拡張機能である「リテイナー」の呼び出し
マーケットへの出品
クリスタルコンフリクトのランクマッチ

少し制限もありますが、マーケットでの購入もできるため、素材や装備など安いところを求めてマーケット巡りをすることもできます。

友人がいて一緒に遊びたい!でも優遇サーバーで始めたい!という場合は、いまはテレポを利用して自身がどのサーバーに所属していたとしても、一緒に遊ぶことができます。

ちなみに、ホームワールドを変える場合は、サーバー移転費用(1,800円税抜)が掛かります。

FF14の対象年齢

FF14がプレイできる対象年齢は15歳以上
加えて15〜18歳の未成年の場合、保護者がFF14の利用規約に同意することで利用可能になります。

月額課金などの支払い方法はクレジットカード以外にWebマネー等に対応しているため、基本的には誰でも利用できます。

プレステは1台しかないけど家族でプレイしたい!

プレステが1台しかない場合、PSNアカウントをそれぞれが作成し、それらのPSNアカウントにFF14をそれぞれ購入・ダウンロードすることでプレイが可能になります。

ちなみに、プレイステーションの場合、1つのPSNアカウントにつきインストールできるのは1つまで。
スクエニアカウントとPSNアカウントは紐付けされるため、プレステの本体が別でもPSNアカウントが同一なら同時に立ち上げることはできません。

PCとプレステどちらからでもプレイできるようにすることは可能?

それぞれに拡張パッケージを購入、ダウンロードすることで可能になります。
スクエニアカウントにPC版とプレステ版のプレイ権を追加することで、どちらでも遊べるようになります。

ただし、PCとプレステを同一アカウントで同時に立ち上げることはできません。

PCでメインキャラ、PS4でサブキャラなどで同時にログインすることは不可。

さあ、FF14を始めよう!

エオルゼアで待ってるよ!
  • ハードウェアを準備する
  • ソフトを購入してインストールする
  • スクエニアカウント作る
  • キャラクターを作成する
  • サーバーを決める

ここまできたら、楽しいFF14の世界で思う存分遊ぶことができます。

FF14はバトルだけではなく、素材を集めるギャザラー、装備や家具など様々なものを製作できるクラフターもあります。

個人ハウスやFCハウスを購入してインテリアなどハウジングを楽しむ、ユーザーイベントに参加する、個人でカフェやバーを運営するといった、ゲーム攻略だけではない楽しみ方をしているプレイヤーも多く存在しています。

さらにはグループポーズという写真機能もとても優秀で、美しい風景やかわいいキャラクターをスクリーンショットにおさめて、ツイッターやインスタグラムで発表しているプレイヤーもいます。

ゲーム内でキャラクターの行動に制限などはなく、カメラワークもストレスのないものになっているため、まるで自身がそこで遊んでいるような感覚で動かすことができます。

多くのプレイヤーがいるからこそ、賑わっているFF14。
「今」だから楽しめることがたくさんあるんだろうなって思っています。

いろんな楽しみができるFF14の世界で、待っていますね♪

ブログランキングに参加しています!
スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

2016年開始のヒカセンブロガーです!プレイしていくうえでの「わかった!」を形にするのが好き。後発組でも迷いなく取り組めるようパッチごとに記事を見直しています。

目次