初心者の館

【FF14】PS4向けおすすめHUDレイアウトと見やすくなる画面設定

HUDアイキャッチ

フリートライアルでも設定できるFF14の画面設定の解説記事です。

FF14を始めてみたものの、画面内がごちゃごちゃしていてプレイしづらい。
この配置をもう少しこうしたい、これを小さくしたいなど思うことってありますよね。

画面内をすっきり自分用にカスタマイズするため、FF14に適したHUD・UI設定を紹介していきます。

PS4pro拡張設定のUIでかすぎる文字問題

プレイヤーが限定される内容になりますが、該当する場合はこの設定をやっておいたほうが良いので先に設定を紹介します。

該当するプレイヤーは「PS4pro用拡張設定でWQHD描画をしているプレイヤー」になります。

PS4Proと4Kテレビを使っているときになりやすいのが、画面に表示されている文字やメインコマンド、ホットバーのサイズが大きすぎる問題です。

PS4pro拡張設定

チュートリアル画面から違和感を覚えるかもしれません。
これらのでかすぎ問題は、システムの設定を変えることで解決します。

まずは、メインコマンド(パッド/optionボタンを押すと開く)の右端にある「システムメニュー」から「システムコンフィグ」を選びます。

ps4proUI設定

それぞれの項目を上記のように設定することで、最適なUI設定になります。

ps4proアフター

画像だけではよくわかりませんが、実際にテレビで見るとアイコンやネーム表示が最適化されるため、かなり見やすくなっていると思います。

絶対やっておきたいHUD設定

ここからはPS4ユーザー全体に向けた内容になります。

画面内のアイテムの大きさを調整したい場合、「HUDレイアウト変更」を使用します。
メインコマンドのシステムメニューにあります。

HUD画面

HUD(Head-Up Displayの略)とは、画面内に表示されているあらゆる情報を指します。

初期設定のままだと使いづらさがあるため、これらを最適に表示させてよりよい環境を整えていきます。

アライアンスリストの移動

すぐに使用することはありませんが、アライアンスリストの位置をみるとわかるように、この位置はとても邪魔です。

アライアンス

アライアンスリストを初めて見ることになるのは「クリスタルタワー」という24人コンテンツに行くとき。
コンテンツに突入すると表示されます。

これは自分のパーティ以外のパーティの状態や組み合わせを表示させるもの。

アライアンスコンテンツに行かなければ表示されませんし、たまに目に入れば良いものなので、このような感じで画面の隅っこに追いやっても大丈夫です。

アライアンス変更後

パーティリストと敵対リストの位置

パーティリストとは、PTを組んでいるメンバーの名前・ジョブの一覧です。
(名前の横にたくさんのアイコンは、現在掛かっているバフ・デバフです。)

PTリスト画像

敵対リストは、現在交戦中の敵の一覧を敵視付きで表示させているものです。

このリストは、初期位置だと下記画像の黄色枠線あたりにあります。

PTリスト

ジョブがDPSの場合はそれほど問題はありませんが、ヒーラーの場合は回復のためにメンバーの状態を見ておく必要があるため、なるべく中央付近に持ってきておくと便利です。

PTリスト

敵対リストはタンクの場合、中央付近、あるいは自分が見やすい場所においておくと敵視管理がしやすくなります。

各種バフ・デバフ情報

バフはステータスの上昇効果、デバフは逆にマイナスの効果のことです。
形は矢印のようになっていて、上向きのものがバフ、下向きがデバフです。

実際には次の画像のような表示になっています。
上2つがデバフで下がバフです。

バフデバフ情報

初期設定は画面の上のほうにあります。

バフデバフ一覧

これらは、戦闘コンテンツでチェックすることが多いので、ホットバー近く、あるいは自身がよく見る場所に移動させておきましょう。

バフデバフ変更後

バフ2は食事効果やFCのアクション効果など、戦闘中以外のバフ情報なので邪魔にならない場所がおすすめです。
わたしは下のほうに配置しています。

HUD設定で細かく設定できるので、UI改善のために活用していきましょう。
ここで紹介したものはすぐにやっておいたほうが良いものだけなので、画面に違和感を覚えたらHUD設定をチェックしてみてください。

まとめると「主要なものはなるべく中央付近に配置」し、それほど見ないけれど情報としておいておきたいものは画面の端に配置することで画面内が見やすく整います。

カメラワーク用キャラクターコンフィグ

ここからは「キャラクターコンフィグ」でやっておくと良いカメラワークの設定を紹介します。

おすすめ設定!チルトカメラの調整

この調整をしておくと見やすくなります。
キャラクターコンフィグにある「チルトカメラ」から設定します。

チルトカメラ

初期設定は、キャラクターが画面の中央に立っていますが、この位置はボスがよく見えなかったりと何かと不便です。

ですが、チルトカメラを調整することで、画面の奥(ダンジョンの奥)やボスの頭上がよく見えるようになります。
それだけで快適なプレイ環境にできます。

デフォルトは28になっていますが、おすすめは「55〜65」の間。

デフォルトの28
チルトカメラデフォルト

チルトカメラ65設定
チルトカメラ65

リムサ・ロミンサの建物が上までしっかり見えるようになりました。
チルトカメラには、このような違いがあります。

カメラの回転方向を設定する

視点を回転させたとき、違和感を覚えたら自分に合ってないのかもしれません。
カメラの回転はここの項目で変えられます。

ゲームパッドの部分に変更を加えます。

カメラワーク

自分がどちらかわからない場合の調べ方は簡単。

左側を見たい場合、スティックを左に傾けたら通常モード、右に傾けたら反転です。
上下の場合、上を見るときに上(前)方向に倒したら通常、下(後ろ)方向に倒したら反転です。

ちなみに、HUDは4つまで保存ができるので、ジョブやシーンに応じて使い分ける方法も取れます。

そのほかにもざまざまな設定がありますが、まずはここに紹介したものを先にやってみてください。
これだけでプレイ環境がよくなるはずです。
ぜひ、設定してみてくださいね!

\あると便利!PS4で使える周辺機器/

created by Rinker
アイ・オー・データ
¥23,980
(2021/07/30 01:03:23時点 Amazon調べ-詳細)

RELATED POST