menu

【FF14】「お得意様取引」の解放方法と進め方【パッチ6.15対応】

各種「お得意様取引」を解放方法とともに紹介します。

パッチ6.15で暁月編お得意様取引「アメリアンス」が実装されました。

お得意様取引はギャザクラ専用コンテンツで、それぞれに専用ストーリーがあるほか、ギャザクラ専用スクリップが稼げたり、レベリングに活用することができます。

お得意様取引自体は、専用の制作素材で作ったものを納品することで完了するため、エリアを移動する必要もなくギルも時間も節約できるため効率的です。

ちなみに、2種類あるギャザクラ専用スクリップを稼ぐ方法は、主に以下の2つがあります。

ロウェナ商会での取引
お得意様取引

専用スクリップの名称はパッチが進むと変わるため、当ブログでは「専用スクリップ」としています。

専用スクリップは様々なアイテムと交換できるほか、特別な製作に必要な「秘伝書」や伝説や未知素材の採取に必要な「伝承録」と交換できます。

ロウェナ商会での収集品を利用したおすすめの稼ぎ方は、こちらの記事で紹介しています。

目次

お得意様取引の始め方

お得意様取引は、蒼天編(パッチ3.55)から実装されたクラフター・ギャザラー向けのコンテンツです。
以下のような内容になっています。

暁月編までに実装されたお得意様の数は7箇所
指定された収集価値のアイテムを納品
報酬は専用スクリップ2種類と経験値およびギル
お得意様全体で1週間のうち12回納品可能
火曜日がリセット
専用ストーリーがある

コンテンツの確認方法

お得意様取引で納品するアイテムは、各お得意様NPCに話しかけて確認できますが、そのほかに、メインコマンドから「コンテンツ情報」欄の一番下、「コンテンツ情報一覧」からも確認ができます。

また、製作物は、製作手帳のなかの「お得意様取引」にまとめてあります。

蒼天編

蒼天編で実装されたお得意様取引です。

レベル60/シロ・アリアポー

シロ・アリアポー

蒼天編で実装されたシロ・アリアポー編です。
場所はイディルシャイア。

シロちゃんのショップ

クラフター、もしくはギャザラーがレベル60になっていると開放できます(どれか1つのクラスでOK)。
開放することで、レベル55からのレベリングに使えます。

解放クエスト

受注NPC:ゲイムロナ(イディルシャイア X:5.8 Y:7.0)
受注条件:サブクエスト「職人、新たな世界へ」をコンプリートしている

素材を売っている場所

シロちゃんのショップ

紅蓮編

紅蓮編で実装されたお得意様取引は3種類あります。

レベル60/メ・ナーゴ

紅蓮編で実装されたのは、メ・ナーゴ編クレナイ編の2つ。

先に開放できるのは、メ・ナーゴで、こちらはギャザクラのレベルが60になると開放できます。
場所はラールガーズリーチ。

メナーゴ
メナーゴのお得意様取引

解放クエスト

受注条件:メインクエスト「英雄の帰還」及び、サブクエスト「商売繁盛、ロウェナ商会」をコンプリートしている※「商売繁盛、ロウェナ商会」には以下の前提クエストの消化が必要です
前提クエスト:「職人の新たなお仕事」及び「職人、新たな世界へ

素材を売っている場所

ラールガーの素材販売場所

レベル62/クレナイ編

こちらはクレナイ編ですが、レベル62から開放できます。

クレナイ

場所は蒼のタマミズ。

蒼のタマミズ

解放クエスト

受注場所:コウジン族の下働き(クガネ X:10.1 Y:9.9)
受注条件:サブクエスト「お得意様メ・ナーゴ」及び「ヒスイとクレナイ

先にメ・ナーゴを開放して進めておく必要があります。

素材を売っている場所

タマミズのショップ

レベル66/アドキラー編

こちらはパッチ4.5で追加されたアドキラー編。
レベル66からできます。

アドキラー編

場所はシロ・アリアポーと同じイディルシャイアです。

アドキラーの場所

解放クエスト

前提クエスト:「お得意様シロ・アリアポー」
前提クエスト:サブクエスト「アダルキムの後継者」(アジムステップ:再会の市)
受注NPC:ゲイムロナ(イディルシャイア X:5.8 Y:7.0)

素材を売っている場所

アドキラーの素材販売場所

漆黒編:Lv70

漆黒編で追加されたお得意様取引は3種類あります。

カイ・シル編

パッチ5.1で追加されたカイ・シル編です。
レベル70からできます。

カイ・シル

場所はユールモアのキャバレー・ビーハイヴです。

キャバレービーハイヴ

解放クエスト

前提クエスト:「ユールモアの新たな誓い」(パッチ5.1のメインクエスト)
受注NPC:カイ・シル(イディルシャイア X:11.0 Y:11.0)

素材を売っている場所

ユールモアの素材売り場

エル・トゥ編

パッチ5.3で追加されたエル・トゥ編です。
レベル70からできます。
場所はイシュガルド蒼天街の中。

エルトゥ

解放クエスト

前提クエスト:「蒼天を仰ぐ街」からはじまる一連のサブクエストをコンプリートする
受注NPC:求人広告(イシュガルド:下層 X:9.7 Y:11.5)
※メインクエスト「最期の咆哮」コンプリート後に発生

素材を売っている場所

蒼天街アイテム売り場

デュランデル伯爵編

デュランデル伯爵

パッチ5.5で追加されたデュランデル伯爵編です。
レベル70からになっています。
場所はイシュガルド蒼天街の中。

解放クエスト

解放クエスト:「お得意様デュランデル伯爵
受注NPC:フランセル(蒼天街 X:11.0 Y:14.5)
前提クエスト:「蒼天の下、笑顔で」、「雲霧へ吹き込む変革の風」からはじまる一連のサブクエストをコンプリートする)

素材を売っている場所

伯爵アイテム

暁月編:レベル80

パッチ6.15でアメリアンスが実装されました。

アメリアンス編

レベル80から受注可能です。
場所はオールドシャーレアンのルヴェユール邸。

解放クエスト

解放クエスト:「お得意様アメリアンス」
受注NPC:オールドシャーレアン( X:12.6 Y:9.7)使用人風の女性
前提クエスト:メインクエスト「暁月のフィナーレ」、サブクエスト「職人、新たな世界へ」をコンプリートしている。

素材を売っている場所

お得意様の進め方

お得意様を進めるにあたって、注意点とコツを紹介します。
1種類はお得意様を始めることですぐに稼ぎ始められますが、最新のスクリップはギャザクラともにレベルがカンストしてからになっています。

信頼ランク

お得意様には信頼ランクが設定してあります。
1回につき6個納品できますが、初回受注時は3個納品した時点でランクがあがり、納品物が変わってしまうのでランクの上昇値を確認しておきましょう。

ただ、たとえ作りすぎたとしても、ランクがカンストして以降は納品物が変化し、納品できるときがくるので捨てずに残しておくと良いですよ!

装備を整える

収集品は、指定された品質に届かなければ納品することさえできないので、まずはレベルに合った相応の装備を整えましょう。

レベル60までの装備は、蒼天編から開始できる「蛮族のモーグリクエスト」を進めていれば、装備品が買えるようになります。

また、ジョブクエストを進めていれば入手できますので、足りない部位はマーケットやショップで購入したり、製作できるようなら自作する手もあります。

なお、ジョブクエストでもらえるのは道具や左側装備です。
クラフターやギャザラーのアクセサリーは、マーケットボードで買うほうが早く進められます。
また、マテリジャをはめる穴がある場合は、なるべくはめておいたほうが良いですよ!

専用スクリップはジョブごとの専用AF(アーティファクト)という装備品と交換できます。

必要な貨幣の枚数は、パッチごとに変更される可能性があります。

ショップで素材を買って製作

クラフターの場合、必要な素材は、上で紹介した近くのショップで購入するだけ。
コツとしては、最初は前提となる部材から品質をHQにあげておいてから、収集品の制作に取り掛かること。

そうすることで、より高い品質のものが作れるようになります。
装備のアイテムレベルがあがっていけば、NQ品でも十分な品質のものを製作できますよ!

専用スクリップで交換しておきたい「秘伝書」と「伝承録」

白貨で交換できるものの中に、「秘伝書」と「伝承録」というものがあります。
秘伝書はクラフターで使うもので、専用レシピが記載されています。

伝承録はギャザラー。
これをもっていることで、レアリティの高い素材が取れたり、未知や伝説の場所での採集が可能になります。

秘伝書も伝承録もレベル60から使えるものがありますので、積極的に交換しておくと良いですよ!
最新パッチのものから揃えると、金策に活躍します。

全部あわせて週12回まで!毎週火曜日がリセット日

最後に、先にも書いた注意点として、お得意様取引での納品は1週間のうち12回まで。
これはクラフター・ギャザラー共通の回数であり、またお得意様全ての共通でもあります。

たとえば、エル・トゥにクラフター用収集品を6回納品し、アメリアンスでギャザ用収集品を6回納品するとそれで完了となります。

先に書きましたが、収集品価値の高いものを納品し、取引先との友好度を高めることでも報酬は増やせます。

毎週火曜日にこの回数がリセットされますので、コツコツと積み上げていってみてくださいね!

ブログランキングに参加しています!
スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

2016年開始のヒカセンブロガーです!プレイしていくうえでの「わかった!」を形にするのが好き。後発組でも迷いなく取り組めるようパッチごとに記事を見直しています。

目次