【FF14】イシュガルド復興の開始方法と進め方(パッチ5.31対応)

イシュガルド復興

パッチ5.11で実装され、5.21、5.31で拡張されたイシュガルド復興コンテンツについて紹介します。

竜詩戦争で傷ついたイシュガルドの住民居住区「蒼天街」を職人の力によって復興させていくという、ギャザラー・クラフター用のコンテンツになっています。

指定された収集品を納品することで、クラフターの経験値と復興街振興券というものが取得できます。
復興街振興券はアイテムと交換でき、おしゃれ装備や特殊なマウント、ミニオンなども実装されています。

経験値が多く獲得できるため、クラフターのレベリングには、イシュガルド復興での納品がおすすめです。

スポンサー リンク

イシュガルド復興の開始場所と受注条件

クエスト名:イシュガルド復興支援
受注レベル:いずれかのクラス/ジョブ レベル60
受注場所:求人広告(イシュガルド:下層 X:9 Y:11)
受注条件:メインクエスト「最期の咆哮」をコンプリートしている

製作用の素材はマーケットで購入するか、ギャザラーで素材を集めることができ、メインクエスト「最後の咆哮」をコンプリートしていれば、ギャザクラのレベルが20から参加可能です。

イシュガルド復興イベントの概要と進め方

指定された収集品をクラフターで製作し、納品することで復興ポイントが貯まっていきます。
納品は、イシュガルド復興支援のクエストを完了後、NPCのポットキンから話を聞くことで確認できるようになります。

また、5.21からは「ディアデム諸島の探索」でギャザラーでも復興ポイントや復興券を貯められるようになりました。
ディアデム諸島で採取をした素材を検品してもらうことで、復興権も取得でるようになっています。

復興ポイントが一定数貯まると、特殊なイベント「復興共同作業」というものが開始されますが、これは時間が指定されたものになっており、開始時間は「復興事業掲示板」で確認できるようになっています。

復興支援イベント

復興共同作業は、開催される時間に蒼天街に行き、指定された作業をこなしていきます。
達成すると、街の復興が進みます。

復興フェイト

なお、イシュガルドの復興はドマ町人地の復興と違い、個人で進めるものではなくサーバー全体で進捗するようになっています。
蒼天街の復興状況はサーバーごとに異なっています。

>>復興状況を確認できる専用サイトはこちら

他サーバーの復興支援も可能ですが、その場合、自分のキャラクターのあるホームサーバーではなく、復興支援が開催されているサーバーの貢献値になります。

製作に必要な復興用素材の採取場所

第三次復興用品も、クラフターレベルが20になっていれば製作可能です。
5.31現在、第三次復興用の○○というものを製作して納品します。

また、第三次復興用品が追加されたことにより、これまでの復興用品では復興街振興券が1枚しか稼げなくなりました。
間違えずに製作しましょう。

製作できるものは、製作手帳の「イシュガルド復興」から確認できます。

復興事業その2
※画像は第二次復興のもの
 
第三次復興用品の素材は、すべてディアデム諸島で採取できます。

採取した素材はマーケットに出品することができます。
(ディアデム諸島で採取した素材は、検品後に出品可能。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサー リンク