MENU

【初心者向け】クリスタルコンフリクト(PvP)の基本的な遊び方と必要な設定

パッチ6.1で新しいPvPコンテンツ「クリスタルコンフリクト」が実装されました。

これまでの少人数対人戦(フィースト)とは仕様が異なり、ロールによる縛りなどもないため、PvPが初めてというプレイヤーにも気軽に遊べる設定のコンテンツになっています。

わたし自身フィーストは未経験。
クリスタルコンフリクトで初めて少人数対人戦に突入しました。

PvPはフロントラインルーレットでプレイする程度のライトなプレイヤーなので不安もありましたが、そんなわたしでも今回のコンテンツはとても楽しめています。

シリーズ報酬の実装、戦績の報酬の追加等もあり、これから挑戦してみようと思っている方もいるかもしれませんね。
この記事では、PvP未経験のプレイヤーでも気軽に遊べるよう、クリスタルコンフリクトの基本的な遊び方を紹介しています。

目次

クリスタルコンフリクトの遊び方

5対5で対戦するプレイヤーvsプレイヤー(PvP)コンテンツです。
タクティカルクリスタルを敵陣に押し込む」というシンプルなもの。

1試合5分+場合によって延長あり(オーバータイム)という短時間マッチのため、気軽に参加できます。

フィールドは3つあります。
フィールドから発生するギミックなどもあるため、それらをかわしたり、うまく利用しながら進めていきます。

パライストラ
ボルカニック・ハート
クラウドナイン

パッチ6.1時点では、フィールド別への申請は対戦PTもしくは観戦PTを組んだ場合にのみ可能です。

ロール特性はあるものの、どのロールでも攻撃をして敵を倒すことができるため、ロールやジョブに縛られることなく、好きなジョブで遊べます。

パッチ6.1から、ジョブごとのPvP専用リミットブレイクが設定されました。
エフェクトも特徴も、与えるダメージやデバフもまったく違うため、以前と比べてかなり戦略が広がっておもしろいものになっています。

基本的な設定

ここからは、基本的な設定についてまとめています。

PvP専用アクションやクイックチャットを設定する

PvPは専用アクションがあります。
普段使う通常コンテンツ(PvE)用アクション・スキルとは異なるので注意してください。

ウルヴズジェイルに行くとPvP専用UIへと変わるため、PvPが初めての場合は、場所を移動して設定しましょう。

「PvPプロフィール」のなかに「JOB」という項目があるので、そこからホットバーに設定します。

ロール共通スキルはなくなりました。

クリスタルコンフリクトで使えるチャットは、クイックチャットのみです。
PvPプロフィールの「クイックチャット」から使えるので、ホットバーに設定しておきましょう。

おすすめは挨拶2種と「報告:リミットブレイク」です。

リミットブレイクをきっかけに総攻撃(バースト)をしかけたりするので、もうすぐ打てる、これから打つという場合に使用して、PTメンバーに知らせることができます。

リミットブレイクの情報はPTリストからも見ることができるので、何%くらい溜まったかを知らせるものとしても使います。

まずはこの3つだけ設定しておけば問題ありません。

よろしくお願いします!
お疲れ様でした!
報告:リミットブレイク

慣れてきたり、コミュニケーションをとりたい場合は、「ナイス!」や「ありがとう!」、「下がります」なども活用します。

ちなみに、クリスタルコンフリクト中は通常のチャットができません。
コンテンツ内だけではなく、FC、LSチャットも入力できない仕様です。

設定しておくと便利なターゲット用マクロ

ターゲットを合わせるためのマクロです。
合わせることで一気に敵を崩すことができたり、バーストを合わせやすくなるため、設定しておくと役立ちます。

マーカーがついた敵をターゲットする
/merror off
/ta <circle>
/ta <attack5>
/ta <attack4>
/ta <attack3>
/ta <attack2>
/ta <attack1>

PTリストのn番目と同じ相手をターゲットする
/merror off
/as <数字>

敵にマーカーを設定する
/merror off
/mk 汎用マル <e1>(PTリスト1番目にマーク)

マーカー+クイックチャットを設定する
/merror off
/mk 汎用マル
/qchat 攻撃:ターゲット <t>

汎用マルはDCによってattack1にが使われていたりと異なるため、ご自身のDCでよく使われているマーカーを設定してください。

クリスタルコンフリクトのHUD設定

クリスタルコンフリクトでHUDを変えたい場合、「コンテンツ専用HUD」から移動させることができます。

デフォルトでは画面端に様々なものが配置されています。
わたしは、以下のような配置に変更しました。

①戦況
②リザルトおよびフィールド情報
③マップ
④敵陣営
⑤自陣営

報酬の受け取り

報酬は「シリーズレベル」をあげると受け取れます。

PvPコンテンツに参加するだけでシリーズレベルがあがり、一定レベルに達すると報酬を受け取れます。
クリスタルコンフリクトだけではなく、フロントライン、ライバルウィングスでもレベルがあがります。

勝敗もランクも関係なく、レベルをあげるだけで取得できます。

報酬として受け取れるものは以下の2種類。

トロフィークリスタル
装備やポートレート教材など各種アイテム

そのほかに、詩学など各種アラガントームストーンも取得できます。

このうち「トロフィークリスタル」は、ウルヴズジェイルにいるNPC「トロフィークリスタル取引窓口」から、装備品や様々なアイテムと交換するために使用できます。

トロフィークリスタルで交換できる赤魔道士の武器

ほか、PvPコンテンツでは「対人戦績」も溜まり、様々な装備品やアイテム、マテリアと交換が可能です。

2種類のマッチング

クリスタルコンフリクトには以下の2種類のマッチングがあります。

パッチ6.1時点ではソロ申請のみとなっていて、PTを組んだ状態で申請することはできません。

カジュアルマッチ
ランクマッチ

カジュアルマッチは様々なランクのプレイヤーとマッチングするもので、ランクマッチは同じランク帯のプレイヤーとマッチングするものです。

ランクをあげたい場合はランクマッチ。
こちらに参加し、勝ち星を稼ぐことでランクがあげられます。

ランクには「階位」と「階級」があります。
ブロンズやプラチナなど、階位は1度あがると負けても下がることはありませんが、階級は勝敗で変動します。

ランキング報酬を狙う場合は、ランクマッチに参加してランキングをあげていきましょう。

シリーズ報酬は、カジュアルマッチに参加してシリーズレベルをあげていくだけで受け取れます。
もちろん、ランクマッチでもシリーズレベルはあがるので、シリーズ報酬+ランク上げの場合はランクマッチを選択します。

共通のセットアクション

どのジョブでも使える共通のアクションが5つあります。
これらは必ずセットしておきましょう。

軍用エリクサー自身のMPとHPを全回復する(キャストタイム4.5秒)
快気MPを消費して自身のHPを回復する
浄化自身に付与されたスタン、ヘヴィ、バインド、沈黙、徐々に睡眠、睡眠、氷結の効果をすべて解除
状態異常の解除に成功すると、自身に「活性」が付与される
防御自身が受けるダメージを90%軽減させる(効果時間5秒)
防御中にアクションを行うと効果が解除される
スプリント移動速度上昇
他のアクションを実行するまで永続

ジョブアクション・スキル、そして上記5つのアクションをホットバーにセットしても、パッドなら1枚でまとまります。

攻撃スキルは右側に、補助スキルは左側に配置し、移動しながら攻撃できるよう設置しておきましょう。
PvEと異なり、止まったまま攻撃をしていると標的にされてしまいます。

知っておきたい立ち回り

ここからはクリスタルコンフリクトにおける基本的な立ち回りを紹介します。

死なない

「死なない」実はこれが一番大事だったりします。
というのも、クリスタルコンフリクトでは死んで離脱するときの時間が非常に長いからです。

初回で10秒、それ以降死ぬごとに1秒足されていきます(2回目は11秒、3回目は12秒)。
戦線から離脱している時間が長いほど不利になりますので、まずは死なないように立ち回ることを意識してみてください。

人数が不利になってきたらいったん逃げて立て直しをはかる。
自身が死んでいて、かつ複数死人が出ているなら拠点で待機して立て直すタイミングを図る。

クリスタルを運ぶ

忘れがちですが、クリスタルを敵陣に押し込むことで勝敗が決まります。
クリスタルの輪っかの上に乗って移動させることが必要ですが、誰も乗っていない場合、クリスタルは自動でスタート地点に戻ってしまいます。

クリスタルの上に乗った状態を維持し、少しでも押し込むことを意識します。

ヒーラーはいないと思おう

ヒーラーであっても回復スキルが多くあるわけではありません。
回復スキルがないわけではありませんが、PTを常時支えられるほどではないため、回復は自身でしっかり管理します。

回復は「快気」を適切に使い、戦況をみて軍用エリクサーを使って回復するように心がけてください。

とはいえ、ヒーラーが2人いるとかなり支えられるため、2人いるときはバリアをあてにして前に出るときは多いです。

フィールドギミックに注意

ヴォルカニック・ハートエリアでは「火山」、クラウドナインでは「乱気流」というフィールドギミックが発生します。
どちらもくらうと固定ダメージを受けます。

これを利用して敵を倒すことも可能ですが、まずは自分を守るために「防御」を使ってしのぎましょう。

とくに乱気流は全体を上に飛ばすギミックのため、防御で耐えることを忘れると、落下ダメージをくらったあとにすぐ攻撃されるとほぼ倒されてしまいます。

ボムの魂

ヴォルカニック・ハートでは、ボムフィールドに赤い玉が残っていることがあります。

これを見つけたら拾うことで、与ダメージ上昇とリミットゲージの増加バフを得られるので積極的に拾いにいきましょう。

チョコボの羽

クラウドナインでは乱気流発生時にチョコボのサークルが同時に出現します。

この上に乗った状態で乱気流に飛ばされると、飛ばされた先で黒チョコボの羽を入手できます。
黒チョコボの羽は、移動速度の上昇とLBゲージが一定量増加するバフが得られるため、近くにいる場合は乗ってみると良いでしょう。

ただ、乱気流発生時数秒前からチョコボのサークル自体が速度を速めるため、なかなかタイミングが難しいです。

オーバータイムのときの立ち回り

オーバータイムが発生した場合、優勢と劣勢では立ち回りが異なります。
進行度が関係してくるので、まずは自分たちがどこまで押し込めているか確認しましょう。

もし、負けている場合は、クリスタルの上に誰か1人が絶対に乗っている状態を維持すること。
3秒以上、自陣メンバーだれも乗っていない場合負けてしまうので、誰かが1人でも上に乗っている状態を作り出しましょう。

負けている側がオーバータイムで勝つ方法は、「相手チームより少しでも押し込んで進めること」です。

負けている側でもう1つ注意なのが、負けているにも関わらず有利な状況になってしまい、全員がクリスタルの上からおりてしまうという展開を作らないようにすることです。

どうしても相手が来たら追いかけたり、待ち伏せしたくなりますが、進行度で負けている場合、自分たちが3秒間降りてしまうと自動的に負けになります。

勝っている場合、相手チームを3秒間クリスタルの上に立たせなければ勝つことができます。
引き寄せがあるジョブは引き摺り出す、ノックバックを使って弾き飛ばす等、あらゆる手を使ってクリスタルの上から相手を追い出すことに専念します。

特攻でゾンビアタックしない

カジュアルマッチや無印ランクでたまに見かけますが、1人、もしくは少人数で特攻するのは危険です。
死に戻り特攻を繰り返していると、取り返せるタイミングでも取り返せなくなり、負けるばかりになってしまいます。

死んでしまった場合、まずはPTの状況と相手チームの様子を伺い、待つ・すぐに戻る・耐えるなど、戦況に応じて立ち回るよう心がけてみましょう。

ブログランキングに参加しています!
スポンサードリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

2016年開始のヒカセンブロガーです!プレイしていくうえでの「わかった!」を形にするのが好き。後発組でも迷いなく取り組めるようパッチごとに記事を見直しています。

目次
閉じる